上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めっちゃ、ひさしぶりのブログです。(-。-;

昨日、友人からのtweetをきっかけにふと考えてみました。まだ整理しきれていない、取り止めも無い文面で失礼します。

先日、テレビでサンシャイン計画とか新サンシャイン計画とかあったのを初めて知りました。何よ、二兆円近くも使っておいて、なんにもできてないの?まぁ、こんな官僚組織と政治家を放置して任せてきた私達も悪いんでしょうね。

放射能被害が強まってきて、不安が広がってきてます。

核融合の強大なエネルギーの持つ危険性を被爆国の末裔として、「はだしのげん」なんかを読んだりして理解してながら、ほんとは自覚しておきながら、それでも目をつぶって、その原発により産み出された電気を利用し、生活を豊かにしてきたツケなのでしょうか?

本当の今回の事故(というか人災?)の元々の原因がつまびらかにされるなら、原子力もまだ未来があるかもしれません。私は、国や官僚の関わりの中で、原発の内部でやるべき事を予めやってなかったからこんな事になったのでは無いかと思ってます。自分でそれが特定できる程、勉強もしていません。でも、多分、この要因は明らかにされないで、ただ福島原発を撤廃するとか、目先の対応だけで終わってしまう様な気がします。それじゃダメだし、そこが一番の問題点なのでしょうね。┐(´・へ・`)┌
そして、日本では原子力という元々夢の様に語られていた、まだまだ未知の部分が多いかもしれないジャンルの研究は止まってしまい、封印されてしまうのでしょう。

ただ前提としては、「人は一度手に入れた生活水準はそう簡単には落とす事ができない。そのためには国内での利益留保と成長できる環境を維持する事が必要。」と考えます。
そのために、この時点では原子力全廃をいますぐ取り組むのは現実的ではないと思ってます。
もっとも、この前提が無い場合は以下の限りではないのですし、今朝のニュースによると検査結果を地域が理解できない(当たり前かぁ)ために、再稼働のメドが立ってないそうですが…

石油をはじめとする化石燃料に依存するとしても、日本国内では掘り出せなくて、国際的にも埋蔵量に限界があり、これにどっぷり依存できる環境ではありませんし、そうなると温暖化ガスの排出は減らせません。石油を中心にエネルギーコストも上昇傾向にあり、結果個々人の生活を圧迫する事にもなるでしょう。

そのため、今は化石燃料と原子力をベースにエネルギーをやりくりして、風力、地熱、水力などの自然系の発電施設の増強とその発電効率のアップを図り、段階的に化石燃料と原子力の構成を減らしていくという流れになると思います。そうしないと、やはり結局この国は立ち行かなくなると思われます。

と言って、もうこれ以上地方に設置を前提とした原子力依存を進めていけるものではありません。

浜岡や福島や他にも安全性の確保が困難と考えられそうな発電所の代替になる原発がもし必要なら、産み出された電力を利用するという意味での受益者負担の考えに基づいて、たとえば東京湾の中を埋め立てる様な極端な発想の立地に作るしかないでしょう。
そうすれば、万一の事態になった場合でも、当事者と受益者が被害を受ける事になります。だから、いい加減な事はできないので、ちゃんとしたものができ、運用もしっかりする事でしょう。
もっとも、あまり現実的ではないんでしょうから、実際立てる事にはならないと思いますが…

ただ、そんな発想をしないといけないくらい、今回の場合、政府や関連省庁や東電などの一連の関係者の対応には信用できなくなっているのは、いささか悲しい気もしますが…

いますぐ原発を停めるという事になると、給電量の不足感と不安定さをそのままに、製造業の生産活動を縮小均衡しつつ、輸出力を落としてしまいかねないでしょう。すでに自動車業界では韓国の現代あたりが手ぐすね引き始めてる様な気がしてます。
海外から流れ込んでくる、あまり国内に利益を落とす事のない割安な製品に生活を支えられながら、やがて貧しい国になっていく事でしょう。ちょっとナショナリズム入りすぎかも知れませんが、グローバリズムで利を得られるのはほんの一握りの人たちの様な気がしてます。

結局のところ、全て今までのツケがしっかり回ってきてるとしか言いようがない気がします。

だからこそ、今こそ、もっと幅広く考えないといけない時にきていると思います。

悲しいかな、日本という国は凄まじい変化によってしか大きく変われない歴史を繰り返せない国だと思います。

だからこそ、今こそ大きく変わるチャンスだと思えます。

ここで変われなかったら、将来私達の子供達に引き継いでいけるものが、失われていく様な気がしてます。

私達は今どれくらい変わっていけるのでしょうか?

そして、だから自分達で今できる事はなんなのか。
さらに考えてみたいです。
スポンサーサイト

【2011/06/08 07:41】 | ブログ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。