上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いですね。汗がじっとりとまとわりつくような感じで、乾いてくれません。おかげでヘロヘロです(^_^;)
そんな週末、10数年ぶりに嫁さんと大人の映画を見にいきました。
しかも、日曜日はファーストデーで料金1000円でした。地元上大岡のミオカに東宝のシネコンができたおかげで、思いつきで映画が見られるのです。

見にいったのは、インセブション。

渡辺謙とレオナルド・デカプリオの出演する、SFサスペンスとでもいう感じでしょうか。
夢にダイブして深層心理に触れるという、現実にありそうで無さそうな設定の映画です。

ネタバレになるので、あんまり書けませんが、かなり見ごたえがありました。何見よっかなって悩んでるあなた、オススメします。

でも、それ以上の気づきでしたが、「やっぱり映画館で見る映画はいい」って事でした。

久々に観た映画館での映画、新しいシネコンって事もありますが、シートは長時間座っても疲れを感じない、音は立体感があって抜群、画面の大きさは自宅の大画面テレビ(と言っても液晶40インチ)と比べたら迫力のレベルが違う。
改めて映画館を見直した次第でした。

折角近くで思いつきで行けるのだから、また観に行きたいなァ

映画の後は、以前から気になってた同じビルのインド料理のサニータージへ行きました。

これがもう、まさに大人のカレー、嫁さんと二人なので行けたって感じです。

この界隈でおいしいインドなカレーならここはベストでしょうね。
スポンサーサイト

【2010/08/04 05:11】 | DVD&Movie
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。